30年度までにHEMSなどに32兆円の追加投資、家庭部門の省エネ対策で、経産省試算 | 住宅産業新聞

30年度までにHEMSなどに32兆円の追加投資、家庭部門の省エネ対策で、経産省試算

経済産業省の総合資源エネルギー調査会基本問題委員会(委員長=三村明夫新日鐵会長)は19日、2030年度に10年度比で約23%省エネする場合に、省エネの追加投資額として81兆円必要になるとの試算を公表した。

追加投資が必要な省エネ対策のうち家庭部門の省エネ・省電力対策として、住宅の断熱化や高効率給湯器、HEMS(家庭用エネルギー管理システム)・スマートメーターの導入などを想定しており、これらに32兆円と試算。産業、業務、運輸を合わせた4部門のうちで最も多い金額となった。

試算は10年度から30年度までの20年間の部門ごとの省エネ対策や必要となる追加投資額を試算した。家庭部門の省エネ対策は、住宅関連が中心。住宅の断熱化では、次世代省エネ基準以上となる新築・既存住宅の普及率を10年度の4%から20年度16%、30年度33%に高める。

2012年6月28日付け7面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)