パナ電工が震災後の電気と節電の意識調査、「過度な節電はつらい」過半数に | 住宅産業新聞

パナ電工が震災後の電気と節電の意識調査、「過度な節電はつらい」過半数に

パナソニック電工は、東日本大震災以降の電気への関心と節電に関する意識調査を行った。

同調査によると、電力不足の長期化に関しては7割以上の人が不安感を持っており、約9割の人が節電に積極的な一方で、「自分の家庭でも節電はしたいけれど、度を過ぎた節電を強いられるのはつらい」と、過度な節電にストレスを感じると答えた人が過半数を超えた。限られたエネルギーを有効にマネジメントしながら、快適・利便性と節電・省エネを両立させようという意識を持つ人が多いようだ。

2011年6月16日付け4面から記事の一部を抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)