PV設置で節電意識が高まる、タイナビ総研が調査

次世代エネルギー業界の調査・研究を行う「タイナビ総研」を運営するグッドフェローズは、「太陽光発電と節電意識に関する意識調査」を実施した。調査によると、太陽光発電設置者の95%が「節電を意識している」と答えており、太陽光発電を設置することで、節電への意識が高まることがわかった。

同調査は、太陽光発電を設置した、または設置を検討したことのある全国の戸建てユーザー513人を対象に、インターネットによるアンケート調査を行った。

「ご自宅の電気使用量を確認していますか?」と質問をしたところ、太陽光発電設置者のうち「確認している」と答えたのが94%だった。一方、設置していない人は「確認している」と回答したのが75%に留まり、設置者のほうが約20ポイント高かった。普段から発電量や売電量を気にする太陽光発電設置者は、自宅の電気使用量に関しても関心が高いことが明らかになった。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)