LIXIL「住まいの断熱に関する意識調査」、「健康への影響」認知低く=〝冬の室内で寒さ感じる〟8割も、〝断熱リフォームの実施・検討〟は2割

LIXIL(東京都品川区、瀬戸欣哉社長)は15日、「住まいの断熱に関する意識調査」の結果を公表した。

結果は、(1)「自宅の中で冬に寒さを感じる」が約8割(2)「断熱リフォームの実施・検討」は約2割(3)断熱の程度が健康に影響を与えることの認知度は快適性や省エネ性より低い(3)室内で寒さを感じる場所は1位から3位までが水回り空間で、4位がそれらに続く場合が多い廊下――などだった。

LIXILの瀬戸社長は10月31日に実施した2023年3月期第2四半期決算説明会の中で、今後、断熱リフォーム商材の販売を強化する方針を表明している。

2022年11月29日付4面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)