中央グリーン開発が「1・5帖」の空間活用として「カスタマイズスペース」提案、設備をパッケージ化した商品として=南越谷の6棟現場からスタート

ポラスグループの中央グリーン開発(埼玉県越谷市、中内景太良社長)では、今年5月から販売をしている「プライヴィック南越谷」(全6棟)において1・5帖の空間を活用する「カスタマイズスペースver1・5」の提案を開始している。

リビングまたは寝室と隣接したプランニングであり、ワークスペースや化粧スペース、衣装部屋、趣味空間として入居後でも自由に手を加えられるといった柔軟な用途利用ができるもの。

単なる空間の提供ではなく、(1)「スッキリーナ・クローゼット」(2)調湿クロスや珪藻土クロス(3)2口コンセントおよびUSBコンセント(4)調光・調色ダウンライト(5)採光・通風用の窓――といった設備がパッケージ化された商品となっている。

2022年11月29日付3面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)