東芝ライテック、HEMS対応分電盤138機種を4月に発売

東芝ライテックは、エネルギー計測ユニットを内蔵したHEMS(家庭用エネルギー管理システム)対応住宅用分電盤「スマートホームパネル」138機種を4月15日に受注開始する。エコーネットライト対応のエネルギー計測ユニットを分電盤に内蔵して小型化。電流センサーを内蔵した分岐ブレーカーを全分岐回路に搭載することで、施工性と施工品質の向上を図った。

エネルギー計測ユニットは、主幹、分岐回路、ガス、水道、発電(2回路)を計測する。同ユニットを約4分の1のサイズにして内蔵。これにより、従来品(分電盤と同ユニットの組み合わせ)と比べて約13%の小型化を実現している。

同社のホームゲートウェイと有線LANで接続し、両機器を組み合わせて使うことで、家庭内でのエネルギーの「見える化」や宅外操作などの機能を使うことができる。価格は約10万円から。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)