30年度着工54万戸でも大工一人の仕事量は2倍に=野村総研予測

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 野村総合研究所は、2030年度に住宅着工が54万戸まで落ち、大工一人当たりの仕事量は最大2倍に増加すると予想した。同研究所が明らかにした大工一人当たりの新設住宅着工戸数の推移と予測をみると、建設技能者の需給がバランスしていた00年を基準とすると、大工育成などの対策をとらなかった場合で2倍、大工への入職率が1985年頃と同水準まで向上しても1・6倍の着工数をこなす必要がある。大工人口は10年から30年にかけて年平均5・1%の速度で減少。10年に約40万人いた大工人口は、30年には14万2千人~17万7千人に減少するとの予測を示した。

2017年03月02日01面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)