LIXIL住研、人員不足リスクに対応=工務担当者の管理数増などの効率化で生産性向上 | 住宅産業新聞

LIXIL住研、人員不足リスクに対応=工務担当者の管理数増などの効率化で生産性向上

建築大工などの建設技能労働者の減少に歯止めが掛からないという。全国建設労働組合総連合が国勢調査をもとに推計したデータによると、大工人口は1980年の93万7千人をピークに2015年には37万2千人にまで減少している。LIXIL住宅研究所(東京都江東区、今城幸社長)は、傘下の住宅フランチャイズ(FC)であるアイフルホーム、フィアスホーム、GLホームの各加盟店において、(1)営業担当者(2)工務担当者(3)大工・職人(4)配送担当者――の不足といったリスクに対する取り組みを行ってきた。同社では、「契約~着工」と「着工~引き渡し」の工期を見える化・共有化することで効率化や標準化を進める一方で、営業と工務の生産性を上げる取り組みを行っている。

2018年03月29日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)