既存マンション浸水対策、数千万円のメリット見込む=事前対策、経済効果大きく

建築研究所の木内望博士(工学)らは、既存マンションの浸水経路の確認・検討および対策改修費用を研究したところ、改修しない場合の想定修復費用から対策改修費用を差し引いた効果が数千万円規模になることがわかった。

木内博士は2020年6月に国土交通省が公表した「建築物における電気設備の浸水対策ガイドライン」の策定メンバーの一人。今回、浸水のレベルや、実存する標準的な既存マンションの設備・駐車場などの状況やデータ、立地などを基に、指針には含まれていないコストを検討・分析した。

分譲マンションの長期修繕計画には、集中豪雨などによる浸水対策工事は含まれていないケースがほとんどで、そもそも修繕積立金が不足していることも散見され、浸水対策工事にむけた合意形成は困難であることが想定される。

だが研究結果により、事前の対策によって経済的なメリットがあることがわかった。

今回、マンション改修工事を手掛けている設計事務所の協力を得て、デベロッパーや管理組合などにヒアリングや現地調査を実施した。

その上で、実際に都心や駅周辺にある既存マンション53件と郊外に立地する51件の状況を確認し、架空のモデルを設定。都心・駅近マンションのモデルは、商業地域に立地する14階・地下1階建てで、1階には小規模商業施設が入る複合用途型をモデルとする。

給排水設備と電気設備は地下1階に設置されており、屋内に地下ピットを含む機械式駐車場ももつ。1階床レベルはグラウンドレベル(GL)から20センチ、住戸数65戸、延床面積約6900平方メートルだ。

2021年07月01日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)