パナソニックホームズ、買取再販事業で30年に売上高350億円=子会社連携で顧客接点強化

パナソニックホームズ(大阪府豊中市、井上二郎社長)は、既存住宅ストック事業を強化する。

子会社のパナソニックホームズ不動産内に、買取再販事業の専任部署「住宅流通推進センター」を4月1日に新設。買い取りからリフォーム・リノベーション、再販売までをワンストップで行う体制を整えた。2030年に買取再販事業で売上高350億円を目指す。

同社のオーナーサポート部門と、グループ傘下のパナソニックリフォーム、パナソニックホームズ不動産の3社が協力・連携し、既存オーナーとの接点を充実させる。住宅売却希望者には、新設の住宅流通推進センターが窓口となり、買い取り、メンテナンス、リフォーム、新オーナーへの再販売を行う。

2021年07月01日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)