マンションの電気設備に浸水対策ガイドライン、国交省が原案示す | 住宅産業新聞

マンションの電気設備に浸水対策ガイドライン、国交省が原案示す

国土交通省は、「建築物における電気設備の浸水対策のあり方に関する検討会」で、マンションなどへの浸水対策ガイドラインと事例集の原案をまとめ、18日に開催された会合で示した。

水災害への事前対策・浸水リスク低減化の取り組みとして、(1)浸水リスクの少ない場所への電気設備設置(2)建築物内への浸水を防ぐ対策(3)水防ライン内において電気設備への浸水を防止する対策(4)浸水量の低減――を挙げた。新築・既存の別や立地など、個々の建築物に適した対応を提案する。

ガイドラインを示すことで、今後関係者が対策を検討する際の選択肢として捉えやすくする。

2020年02月27日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)