2016年度大手住宅メーカー・ランキング=総販売戸数、大和ハウス首位、戸建てトップは積水ハウス

住宅産業新聞社が集計した大手住宅メーカー・ランキングによると、2016年度(対象10社、積水ハウスは1月期、ヤマダ・エスバイエルホームが2月期、その他が3月期)は売上高でみた順位は前年度と変化がなかった。

一方、総販売戸数では前年度に続いて大和ハウス工業がトップ。戸建ては積水ハウスが引き続きトップだったものの、前年度から戸数を減らした。

総販売戸数では3位に旭化成ホームズ、4位に積水化学工業住宅カンパニーと続くが、ミサワホームを子会社化したことで注目されるのがトヨタホーム・ミサワホーム連合。両社を合わせると総販売戸数で旭化成ホームズに次ぐ4位、戸建ては2位となり、トヨタホーム・ミサワホーム連合が住宅メーカーの上位に躍進した。

総販売戸数は10社中7社が増加した。戸建ては10社中5社が減少だった一方、アパートは6社が増加した。

5万戸を超えたのは、前年度に引き続き大和ハウス工業のみ。内訳をみると、「ジーヴォΣ」の受注が好調だった戸建てがほぼ横ばい、供給を絞ったマンションが二ケタ減だったが、アパート(集合住宅)で10%を超える伸びとなり、初の4万戸を突破した。

2017年06月01日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)