ポラス暮し科学研究所がコールドドラフト対策を開発=リビング階段の特徴生かす

ポラスグループのポラス暮し科学研究所(埼玉県越谷市、小見豊社長)は、暖房機メーカーおよび階段メーカーとの3社間によって共同開発したリビング階段のコールドドラフト対策システムを今年1月に開設した住宅展示場「体感すまいパーク越谷」にある北辰工務店モデルハウスで初めて導入した。

同システム導入によって、上階から降りてくる冷気を抑制して足元の寒さを軽減。リビング階段の特徴である間取りの開放感を維持することができる。今後は年内にも、分譲住宅のモデルハウスへの導入も視野に入れており、さらにシステムの応用などにも取り組んでいく考えだ。

ポラス暮し科学研究所が同システムの開発を開始したのは3年前から。ポラスグループでは分譲・注文も含め、購入者の約7割が開放感と視覚的な広さを感じることができるリビング階段を希望しているが、冬場に冷気が上階から降りてくる「コールドドラフト」が発生する。

2022年04月05日付1面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)