経産省、住宅のIoT活用の検討結果を月内報告 | 住宅産業新聞

経産省、住宅のIoT活用の検討結果を月内報告

経済産業省は、2015年度から2年間続けてきた、「住宅におけるIoT/ビッグデータ利活用促進に関する検討会」の内容をとりまとめ、報告書として月内に公表する。検討会はハウスメーカーや設備メーカーなどの委員のほか、サービス事業者のオブザーバーからなる。HEMSから得られるデータとIoT技術によるサービスを組み合わせて、新たなビジネスモデルや既存住宅の付加価値を創出する狙い。15年度の検討会で、ケーススタディーによる課題を抽出するという方向性が定められ、16年度は「防災・緊急時対応サービス」と「高齢者生活支援サービス」のワーキンググループを設置して検討を進めた。防災分野で「避難情報をどのように把握するのか」など14点の、高齢者支援では「誰がコスト負担するのか」など8点の課題が抽出された。17年度は、16年度補正予算で実証事業を行っていく。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)