ヤマダSXL、女性目線のIoT生活提案 | 住宅産業新聞

ヤマダSXL、女性目線のIoT生活提案

ヤマダ・エスバイエルホームは、女性目線のIoT生活提案「やさしい暮らし」を開発し、12月から同社の主力商品「ニューオーセント」に標準搭載した。モノをインターネットにつなぐIoT生活提案「やさしい暮らし」は、同社の「女性活躍推進チーム」により開発されたもので、IoTで可能なことを具体的な生活シーンとして紹介し実生活と結びつけるほか、家族を見守る安心・安全機能で生活での不安が解消できるポイントなどを紹介したソフト提案。状況に応じて外出先からシャッターの開閉や照明のオン・オフが可能で防犯効果が高まる。また、離れて暮らす両親宅にHEMS(家庭用エネルギー管理システム)を設置することで、エアコンや照明のオン・オフ、冷蔵庫の開閉などから見守ることができるとして必要な機器を標準装備した。同提案は注文住宅のみならず、リフォームにおいても展開する。

2016年12月08日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)