大和ハウス工業、来年1月からIoT注文住宅の提案を開始 | 住宅産業新聞

大和ハウス工業、来年1月からIoT注文住宅の提案を開始

大和ハウス工業は、2018年1月6日から注文住宅において全国で提案を開始する。「Daiwa Connect(ダイワコネクト)」プロジェクトとして、IoT(モノのインターネット化)やビッグデータ、AI(人工知能)を活用し、「省エネ・快適」「健康」「家事効率化」「防犯」「資産維持管理」「余暇・エンタメ」のライフシーンごとに「生活価値を向上させる」(大友浩嗣取締役常務執行役員)提案を行う。「ダイワコネクト」の実証実験でライフシーンの提案を体験可能としており、23日から東京・渋谷と大阪・千里の住宅展示場で一般公開した。同社では、18年から全国10ヵ所の住宅展示場に拡大し、18年上期には鉄骨戸建ての主力商品「xevoΣ」の新商品を投入。「ダイワコネクト」の搭載率50%以上をできるだけ早期に実現することを目指す。同社は将来的にIoT住宅で展開するサービスを「住まわれる方も(長く住み高齢化すると)できなくなることが増えてくる。住まわれる方ができなくなってくることを中心にサポートしていく」(有吉善則取締役専務執行役員)と捉えている。

2017年11月30日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)