2020年までに省エネ義務化、大規模物件から順次=国交省・経産省 | 住宅産業新聞

2020年までに省エネ義務化、大規模物件から順次=国交省・経産省

国土交通省と経済産業省は12日、住宅・建築物の省エネ基準義務化の時期や対象、支援策などの方向性をまとめた。

省エネ基準の義務化について新築の大規模住宅・建築物から順次スタートし、2020年までに完了、既存の住宅・建築物は対象としない方針だ。省エネ基準は、躯体の断熱化に加え、自然エネルギー利用や給湯・冷暖房など設備機器のエネルギー消費も対象とする。一般ユーザーも経済的負担を伴うことから、義務化とともに税制や補助金などの支援も必要としている。

2010年11月17日付け7面から抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)