国土交通省、17年度予算の概算要求、耐震化に140億円

国土交通省は8月29日、2017年度予算概算要求を公表した。概算要求の規模は「新しい日本のための優先課題推進枠(優先枠)」1兆4179億円を含め前年度比15%増の6兆6654億3400万円となっている。概算要求のうち住宅局関係予算は5%増の約3兆2794億2300万円。前年度と同じ、「少子高齢化・人口減少に対応した住まい・まちづくり」や「災害等に強い安全な暮らしの実現」のほか、「良質な住宅ストックの形成と流通促進による住宅市場の活性化」といった施策を継続し、重点的に取り組む。長期優良住宅化リフォームの推進に45億円を計上したほか、耐震改修・建替え等安全性向上への支援として140億円を盛り込んでいる。

2016年09月01日付1面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)