LIXIL=提携で消費者接点を強化、リフォーム売上積み重ね | 住宅産業新聞

LIXIL=提携で消費者接点を強化、リフォーム売上積み重ね

LIXILはリフォーム売上の拡大を図るため、消費者との接点を強化する。

国土交通省に採択された工事会社紹介サイト「リフォームコンタクト」を活用したインターネットルートや、LIXILビバ店内に設置する相談窓口「リフォーム&デザインセンター」によるホームセンタールートなどの既存チャンネルに加えて、セコムとの業務提携によるコールセンタールート、コジマとの提携による家電量販店ルートを設置・強化した。

同社が構築する全国のFC、VC組織と連携するなどして、リフォームの安心・信頼感を高める。消費者接点を増やして売上を積み重ね、2015年3月までに国内リフォーム売上高5千億円以上(11年度は2501億円)を目指す。

LIXILとセコムが今年1月に設立した合弁会社のくらしテル(東京都渋谷区、三澤敏宏社長)は2日、家事手伝いや修繕、メンテナンス、リフォームまで、生活全般の困りごとを電話1本で受け付ける総合生活サービス「生活太助(せいかつたすけ)」の提供を開始した。まずは、東京・名古屋・大阪の3大都市と政令指定都市から順次サービスを提供し、1年後を目処に全国に拡大する。3年後に年間2万3千件を受注し、200億円の売上高を目指す。

2012年4月5日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)