LIXIL、リフォームFCブランドを統合 | 住宅産業新聞

LIXIL、リフォームFCブランドを統合

LIXILは、住宅リフォームのフランチャイズチェーン(FC)組織「LIXILリフォームショップ」を2015年4月にスタートさせる。FC独自のリフォームローンやクレジットカード決済サービス、インスペクション(既存住宅検査)、不動産仲介などの消費者が求める利便性をLIXILが持つ経営資源を活用してトータルで提供する。

他のFCと差別化するため、20年以上のFC運営で蓄積したノウハウを反映させた嗜好分析ツールやパック商品を軸に、「コトリフォーム(価値創造型のリフォーム)」にシフトさせる。

2014年度の事業目標は480店舗、売上高640億円。これを1千店舗、売上高1500億円の事業に育てる。

2014年11月27日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)