住生活グループとセコムが業務提携、ハードとソフト融合し生活者の相談に対応 | 住宅産業新聞

住生活グループとセコムが業務提携、ハードとソフト融合し生活者の相談に対応

住生活グループとセコムは業務提携し、安心・安全・快適な住生活を実現するため共同でトータルライフパートナー事業(仮称)を立ち上げる。セキュリティや保険・医療などのソフトに強みを持つセコムと、住宅部品やリフォームなどのハードを得意とするLIXILが事業領域を補完しあうことで、ライフサイクルにあわせた各種サービスの提供を可能にする。

生活者の相談窓口(コールセンター)となるトータルライフパートナーセンター(以下、TLPセンター)を設置し、今秋からサービスを開始する。

TLP事業は、家庭の安全対策や掃除などの家事支援、医療・介護サービス、修繕やメンテナンスなどの住宅リフォームなど、ライフサイクルや生活環境の変化で発生するさまざまな困り事や、生活の向上に関する相談などの具体的な支援サービスをTLPセンターがワンストップで行う。

2011年8月4日付け6面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)