日本アクアなど3社、アクアフォーム軸に中国で断熱材事業を展開 | 住宅産業新聞

日本アクアなど3社、アクアフォーム軸に中国で断熱材事業を展開

桧家ホールディングス子会社の日本アクア(本社=神奈川県横浜市、中村文隆社長)と協立エアテック(本社=福岡県篠栗町、久野幸男社長)、東邦レオ(本社=大阪府大阪市、橘俊夫社長)の3社は、中国江蘇省に常熱快住環境工程有限公司(董事長=中村文隆社長)を設立した。断熱材事業を中心に各社の強みを生かし、中国国内の住環境向上に貢献する。

常熱快住環境工程は6月に営業を開始した。資本金は約660万円(8万4千ドル)で、日本アクアが40%、協立エアテックと東邦レオが30%ずつ出資しており、日本企業が全額出資する合弁会社となっている。設立時の社員数は約10人(現地採用1人を含む)。

2011年8月4日付け6面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)