ウッドワン、長期優良認定取得サポート業務を拡大 | 住宅産業新聞

ウッドワン、長期優良認定取得サポート業務を拡大

ウッドワンは、地域工務店サポートの一環として、建築主が新築住宅の住宅資金を確保するための仕組みを構築した。長期優良住宅認定取得のサポート業務を拡大する。

新しい仕組みは、楽天モーゲージと連携し、財団法人ベターリビングの協力のもと運用する。

地域工務店は、フラット35Sを利用する建築主に対する楽天モーゲージからのつなぎ融資の実行により、建築に係る事業資金の調達が容易になる。また、ベターリビングの協力により、長期優良住宅の認定審査期間を2週間程度に短縮する。

同社は、長期優良住宅に関するサポートを希望する事業者を随時受け付けている。既に、独自の住宅情報一元管理システム「ワンズネットサポートシステム」などの支援プログラムを導入しており、今回構築したつなぎ融資・認定取得の仕組みを加えて、地域工務店の長期優良住宅の建設支援を強化する。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)