茨城建築工協会が会員共有の長期優良住宅モデルハウスオープン、会員数1年で倍に | 住宅産業新聞

茨城建築工協会が会員共有の長期優良住宅モデルハウスオープン、会員数1年で倍に

(社)全国中小建築工事業団体連合会(全建連、青木宏之会長)の会員団体、茨城県中小建築工事業協会(茨城建築工協会、鈴木政保会長)が事業活動を活発化させている。国土交通省の補助事業を活用して県産材による長期優良住宅のモデルハウスをこのほどオープン、会員が共同利用する。昨年発足の同協会の会員数は、事務局の尽力により1年で倍になった。

同事務局では「長期優良住宅を扱えるメーカーに負けない工務店」(米永一義事務局長)を増やすため、長期優良住宅の普及促進事業を行っている国土交通省と全建連の事業情報を、地域工務店に伝えていく方針だ。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)