長期優良住宅申請サポート事業をスタート、ハウスプラスや宮川工機など3者 | 住宅産業新聞

長期優良住宅申請サポート事業をスタート、ハウスプラスや宮川工機など3者

ハウスプラス住宅保証(本社=東京都港区、山崎剛社長)、宮川工機(愛知県豊橋市、宮川嘉隆社長)、福井コンピュータ(福井県福井市、小林徳也社長)の3社は1日、プレカット事業者を対象とした新事業「長期優良住宅申請サポートサービス」を始めた。

スパン表の代替となる梁断面設計書を活用することでプレカット事業者の耐震性能評価を効率化した上で、長期優良住宅の認定取得に必要な支援サービスを、新たに長期優良住宅を手がける地域工務店にワンストップで提示する。

プレカットの周辺サービス提示により、プレカット事業者の事業領域に厚みを持たせて競争力向上に寄与させると共に、地域工務店の長期優良住宅の新規扱いに役立ててもらう考えだ。

2011年10月6日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)