大建工業、「木材カスケード利用」で日南町などと事業化検討 | 住宅産業新聞

大建工業、「木材カスケード利用」で日南町などと事業化検討

2016年12月01日04面_住宅産業

 大建工業は11月21日、鳥取県日野郡日南町・日南町森林組合・オロチ(日南町、森英樹社長)と共同で、日南町における「木材総合カスケード利用」に関して、具体的な事業化に向けた検討を進める基本合意に達したと発表した。今回の基本合意を受け、大建工業を含む4者は「日南町『木材総合カスケード利用』検討プロジェクト」(仮称)を発足させ、日南町が保有する森林資源の最適な活用のあり方を協議し、具体的な事業化に向けた検討を進めるとしている。

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)