戸建住宅購入で気になる点、消費者と事業者で意識に「差」

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 住宅と地震の関係について、建築事業者が想定するよりも消費者の意識が高まっているようだ。全国住宅技術品質協会がこのほど発表した「住宅に関する調査報告書」によると、直近1年間で地震に対する意識について、「かなり高まった」(28・0%)と「やや高まった」(40・6%)との回答がおよそ7割を占めた。建築事業者からみた施主の1年間の地震への意識変化では、「かなり高まった」(22・0%)と「やや高まった」(37・6%)で、いずれも消費者自身の認識よりは低く、乖離がある。
 戸建住宅購入の際に気にすることを複数回答で尋ねると、「地耐力・地盤の強さ」との回答が71・5%で最も多く、「地震時の揺れやすさ」(41・4%)、「浸水の可能性、標高」(41・3%)が続き、次いで「最寄り駅の距離や乗降客数」(40・1%)だった。一方で、建築事業者に消費者が意識すると思うことを尋ねると、「地耐力・地盤の強さ」が67・8%で最多となったが、次いで「小学校や中学校の校区」(35・6%)、「最寄り駅の距離や乗降客数」(30・4%)と生活環境にかかわる想定が多かった。

2017年05月18日09面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)