震災後の住宅購入意識、基礎や地盤へ意識高まる=ホームプラザ調査 | 住宅産業新聞

震災後の住宅購入意識、基礎や地盤へ意識高まる=ホームプラザ調査

住宅情報提供業のホームアドバイザーは8日、企画運営している新築不動産サイト「ホームプラザ」で行った、住宅購入検討者を対象に実施した東日本大震災以降の住宅購入に対する意識変化の調査結果を公表した。それによると「震災後、住宅の災害対策への意識は高まったか」との設問に回答者の75・4%が「高まった」と答えたほか、設問「住宅の災害対策として特に注目する点は何か」の回答率トップ3は、「構造(免震・耐震など)や耐震等級」(28・4%)、「建物の基礎や地盤」(27・3%)、「地域の安全性・災害対策」(18・4%)となった。

同アンケートは5月31日、ホームプラザのメール配信サービス登録会員500人に対して行われた。アンケートでは前述の設問のほか「震災後、住宅購入意欲に変化はあったか」との項目も設けられ、これへの回答率は「特に変わらない」(47・4%)、「意欲は低くなった」(38・4%)、「意欲が高まった」(14・2%)だった。

2011年6月16日付け3面から記事の一部を抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)