2021年度新設着工、3年ぶり増加の86万6千戸=持ち家も増、分譲は堅調

国土交通省が公表した2021年度の新設住宅着工戸数は前年度比6・6%増の86万5909戸だった。

新型コロナ感染症の影響を受け始めてから3年ぶりに増加となった。利用関係別では、分譲戸建てが堅調ぶりをみせた。貸家も復調の兆しを見せる。持ち家は、全体ではプラスだったものの年度後半はマイナスが続いた。マンションは減少となった。

持ち家は、6・9%増の28万1279戸となった。3年ぶりの増加。特に5~10月の半年間は2ケタ増と勢いよく伸びた。

圏域別では、首都圏が9・1%増の6万1265戸、中部圏は6・8%増の4万1495戸、近畿圏は6・0%増の3万5795戸、その他圏域は6・2%増の14万2724戸だった。都道府県別にみても軒並みプラスで、減少となった3府県もわずかなマイナスにとどめている。1万戸以上の埼玉県や神奈川県は1割超のプラス。

2022年05月10日付1面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)