セキスイハイム=エネルギー自給提案強化へ、スマートハウス普及で | 住宅産業新聞

セキスイハイム=エネルギー自給提案強化へ、スマートハウス普及で

積水化学工業住宅カンパニーは、スマートハウスの本格普及へ向けて、「エネルギーの自給自足」提案強化に乗り出す。

フラッグシップ・モデルと位置づける『スマートパワーステーション(SPS)』について、新たに狭小地や二世帯住宅への対応、賃貸住宅仕様を追加。さらに、電気自動車(EV)を蓄電池とする『Vtoハイム』も、木質系に続き主流の鉄骨系でも展開する。

これら商品のバリエーション強化に加え、営業マンのスキルを高めた「スマートハイム・プロスタッフ制度」を導入し、ハードだけでなく人材面の強化も図る。関口俊一同カンパニープレジデントは「すべてのセキスイハイムをスマートハウス化する。その第1歩」と位置づけた。

SPSは、昨年10月の発売開始から今年8月までの11ヵ月間で、累計受注棟数が2200棟を突破し、基盤商品の一つに成長した。特に、アンケートでも「エネルギー自給自足」に対し、7割近い施主が評価していることが明らかとなった。

2014年10月02日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)