セキスイハイム、エネルギー自給自足型訴求強化へ

積水化学工業は、下期の増収増益達成へ向けた重点施策として、新築住宅とリフォームの両事業で、エネルギー自給自足型のスマートハイム訴求を強化する。

関口俊一住宅カンパニープレジデント(取締役常務執行役員)は、「下期の市場環境は上期と大きくは変化しないとの想定の中で、スマートハウスナンバーワン戦略で優位性を確立する」とした。

スマートハウスナンバーワン戦略は、大容量太陽光(PV)と蓄電池、HEMS(家庭用エネルギー管理システム)の「3点セット」の高い搭載率を武器に、同業他社との差別化を行う施策。前年同期比では増収増益を確保したが、期初計画比で未達となった2015年3月期第2四半期決算を受けて、改めて自社の強みを打ち出すことで、新規受注獲得につなげる。

2014年11月13日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)