セキスイハイムグループ=SPSにミライクラス、東名阪で同時発売 | 住宅産業新聞

セキスイハイムグループ=SPSにミライクラス、東名阪で同時発売

ミライクラスの外観ミライクラスの外観

積水化学工業住宅カンパニー(東京都港区、神吉利幸プレジデント)グループが、戸建住宅『スマートパワーステーション(SPS) ミライクラス』を、東名阪の3大都市圏で同時発売した。

エネルギー自給自足や縮災、家事サポート機能を搭載したスマートハウスで、パッケージ商品とすることで、消費者の選びやすさを追求。主には、注文請負住宅を軸に展開するが、中部圏では建売分譲にも投入する予定とした。

発売したのは、東京セキスイハイム(吉田匡秀社長)、セキスイハイム中部(八木健次社長)、セキスイハイム近畿(八木健次社長)のグループ3社。合計で年間450棟の販売を目指す。

ミライクラスは、エネルギー自給自足型住宅の安心感と経済性、利便性を先進技術で強化した『新・スマートパワーステーション』のパッケージ提案。新たに①エネルギーマネジメント・ナビ②家事サポート・ナビ③レジリエンス・ナビ――の3つの機能を搭載している。

2020年02月06日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)