和田プレ協会長、賀詞交歓会で「日本経済順調な年に」 | 住宅産業新聞

和田プレ協会長、賀詞交歓会で「日本経済順調な年に」

一般社団法人プレハブ建築協会主催の新年賀詞交歓会が開催され、和田勇会長(積水ハウス会長兼CEO)は、「基幹産業の住宅は、昨年のがんばりで元気になってきた。この元気を保つことで、2%のインフレ目標も可能になる。(消費税)8%もインフレなら吸収できる。住宅が4番バッター(基幹産業)というなら、それに相応しい後押しを」と挨拶した。

和田会長は「住宅展示場に来場者が戻りつつあるなど、安倍政権の政策効果が出始めた」と評価。さらに、東京オリンピックをアベノミクス〝第四の矢〟に例え「日本経済は、今後順調に推移すると思う」との期待感を示した。また、2013年度税制改正で認められた孫への教育資金の贈与税非課税について触れ、「20年間かける教育資金より、高齢者の金融資産を若者に移転する、生前贈与の方が即効性がある」と示唆している。

2014年1月16日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)