イノスグループ、概算プランなど導入=仕事量増加想定し効率化 | 住宅産業新聞

イノスグループ、概算プランなど導入=仕事量増加想定し効率化

住友林業が運営するボランタリーチェーン・イノスグループは今年度事業として、(1)次世代省エネ基準+αの高省エネ住宅「ENETOMOの家」の普及(2)イノスGの住宅の高品質さをエンドユーザーに理解してもらう「見える化」の工夫(3)商談期間の短縮に役立つ概算用プラン提供――などを行う。

来る新省エネ基準施行を視野に、費用対効果の高い高省エネ住宅というハードの提案と共に、概算プラン提供や温熱環境勉強会といったソフトを充実させる。概算プラン提案は、ローン金利上昇と消費税増税前の駆け込みで夏場にかけ、仕事量が増えると想定されることへの対応。今月からサービスを始めた。

普及帯の延床面積で5坪きざみにモデルプランと対応する概算額を明示。仕事の手離れを良くしてもらうサービスと位置付けている。

2013年6月6日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)