東日本ハウスが注文主力商品に制震パネルを標準搭載、震度6強の揺れ75%減に | 住宅産業新聞

東日本ハウスが注文主力商品に制震パネルを標準搭載、震度6強の揺れ75%減に

東日本ハウス(東京本社=東京都千代田区、成田和幸社長)は11月受注分から注文住宅のメーン商品の全棟で、制震パネルを組み込んだグッドストロング工法を「従来商品価格据え置きで標準装備」(同社)とした。

同工法は厚板構造用合板を用いた床組および高強度ムク材の柱で構成する既存の耐震等級3相当の木軸工法造の躯体に、地震エネルギーを吸収する粘弾性ダンパー搭載の制震パネルを組み込んだもの。震度6強時に2階床の揺れ幅を一般の耐震等級3相当の木造住宅と比べ75%低減する。これで同社供給の注文住宅総棟数の7割弱が制震パネル装備となる見込みだ。

2012年12月20日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)