工務店サポートセンター、木材の腐朽・蟻害で研修会を開催 | 住宅産業新聞

工務店サポートセンター、木材の腐朽・蟻害で研修会を開催

一般社団法人工務店サポートセンター(青木宏之理事長)国産材委員会は7月25日、東京で研修会「施主に納得していただける木材の基礎知識シリーズ第2回、木材の腐朽・劣化・シロアリ対策」を行った。講師は京都大学教授で農学博士の吉村剛氏。吉村氏は阪神・淡路大震災の全壊住宅の多くに腐朽・蟻害が見つかった事例を紹介、木材の腐朽・蟻害対策の重要性と、その予防策を講義した。以下、講義の概要を掲載する(文中の一部は配布資料を基に住宅産業新聞が文章化)。

1995年に起きた阪神・淡路大震災では約20万戸の建築物が全半壊し約6千人が命を落とした。死者の80%以上が住宅の倒壊による圧死が原因だった。このことは、人を守るはずの住宅に多くの命が奪われたことを意味する。

2012年8月2日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)