大手住宅企業11年度、受注”まだら模様”に、プラスとマイナス混在で | 住宅産業新聞

大手住宅企業11年度、受注”まだら模様”に、プラスとマイナス混在で

大手住宅企業の2011年度(11年4月~12年3月)の受注実績(速報値)は、前期実績に対しプラスとマイナスが混在する”まだら模様”となった。

住宅産業新聞が実施したヒアリングの結果。累計値を公表している5社中プラスが3社で2社がマイナスとなったほか、未公表企業についても同様の傾向にあり、全般的にプラス基調だった上半期とは様変わりした格好だ。ただ、3月単月では公表企業9社中7社がプラスないしは横ばいとなったほか、株価など市況環境や経済情勢は改善基調にあることから「必ずしも悪化基調ではない」(メーカー担当者)との見方は強い。

11年度通期の受注速報値でプラスとなったのは、旭化成ホームズとミサワホーム、住友林業の3社。このうち、旭化成は「請負住宅」が累計で同5%増(金額ベース)となった。10年度の同16%増に対するプラスとなったことで、「戸建て・集合住宅ともに、依然好調さが続いている」(同社)としている。また、上半期(同4月~9月)が同4%増、下半期同5%増と変動が少なく順調な推移をみせている。

2012年4月19日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)