戸建て大手6社、国内クレジットで環境貢献 | 住宅産業新聞

戸建て大手6社、国内クレジットで環境貢献

太陽光や燃料電池など環境設備の搭載住宅が削減したCO2について、「国内クレジット」化し環境貢献に役立てようという動きが強まる。

これまでに戸建住宅の大手企業6社が、経済産業省の事業承認(プログラム型排出削減事業)済み。7社目となる旭化成ホームズも事業計画を策定し申請中で、承認待ちとなっている。ただ、取得したクレジットの使い途について明確に打ち出したところは少ない。

ミサワホームと三洋ホームズが「植林や環境団体への寄付」とした程度で、他は「温暖化対策及び環境保全活動に活用」や「環境貢献活動に活用」という表現にとどまる。

2012年1月26日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)