高下積水化学住宅カンパニープレジデント、営業利益300億円前倒しに自信 | 住宅産業新聞

高下積水化学住宅カンパニープレジデント、営業利益300億円前倒しに自信

積水化学工業の高下貞二住宅カンパニープレジデント(取締役専務執行役員)は記者会見を行い、上方修正した2011年度の通期業績見込みを受けて、中期計画での13年度営業利益目標300億円の前倒し達成に自信を示した。

先行きへの不透明感はあるとしながらも「国の住宅取得支援策などの打ち切りは想定済みで、対策と準備は進めてきた」との認識による。堅調な新築住宅の受注や受注残に加え、リフォームを中心とした住環境事業の好調さが背景。

増員した営業マンの戦力化に加え高性能オプションの装着率向上、生販一体化した東名阪のエリア戦略強化などを柱とする。

2011年11月17日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)