連載「広域液状化 浦安 被害と対策」、①液状化に関心払われず | 住宅産業新聞

連載「広域液状化 浦安 被害と対策」、①液状化に関心払われず

東日本大地震は一部地域に深刻な液状化被害をもたらした。

液状化被害が社会的に初めて注目されたのは1964年、4階建てRC住宅(杭なし)が液状化で転倒した新潟地震の時だ。以後の地震でも液状化は起きていたが、住宅の液状化対策には、ほとんど関心が払われてこなかった。その理由は、それまでの液状化は狭いエリアで起き被災住宅の数が少なかったこと、そして、液状化では躯体が瞬時かつ大規模に破壊される被害が起きないため、地震対策最大の目的である人命保持と比べ、対策具体化の優先度が低かったためだ。

しかし、東日本大地震で液状化は広域で発生、多数の被災住宅を生んだ。千葉県浦安市の液状化被害と、その対策を検証する。

2011年11月17日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)