震災後の供給、前年割れ懸念の声も=団体総会後の会見で各社発言 | 住宅産業新聞

震災後の供給、前年割れ懸念の声も=団体総会後の会見で各社発言

(社)日本ツーバイフォー建築協会と(社)日本木造住宅産業協会は5月下旬、相次ぎ通常総会を行い、その後の記者会見で出席した両協会の幹部役員が東日本大震災後の自社の営業状態と通期見通しなどを説明した。前年並みとの声のほか、前年割れ懸念も出るなどエリアと事業内容で影響に違いが出ている様子が伺えた。主な発言者と発言概要は次の通り(文中のカッコ内は住宅産業新聞社による補足)。

▽生江隆之三井ホーム社長(日本ツーバイフォー建築協会会長)
首都圏、関西圏、各地方で展開しているが、関東圏と西の方の部分は、4~5月のマーケットの動きは昨年なみの状況で推移していると思う。関東北部、特に茨城と東北地区は状況が状況なので例年のマーケットとは別のマーケットであり、違う形で捉えている。

2011年6月2日付け3面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)