戸建住宅平均単価10年度、8社中5社が上昇 | 住宅産業新聞

戸建住宅平均単価10年度、8社中5社が上昇

2010年度の大手住宅メーカーの戸建住宅平均単価は、集計した8社中5社が前期実績を上回った。

3社が下落となったものの、09年度の6社ダウンに比べマイナス企業は半減。3社中2社は1%以下のマイナス幅となり、下げ止まりの兆しとも取れる。反面、平均床面積はすべての企業で前期を下回っており、太陽光発電システムをはじめ高付加価値設備が単価アップに貢献していることがわかった。また、建替比率は6社が上昇しており単価アップへ明るい兆しもみえる。

一方で、東日本大震災の影響により不確定な要素が大きく、先行きの不透明感につながっている。

2011年6月2日付け1面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)