〈短期連載〉大震災=住宅市場への衝撃・上 「地歴」重視に | 住宅産業新聞

〈短期連載〉大震災=住宅市場への衝撃・上 「地歴」重視に

広範に起きた液状化被害、計画停電による日常生活の支障、通常値を上回る放射線量――。東日本大震災で発生した様々な負の要因は、津波や倒壊被害が少なかった南関東の住宅市場にも影響を及ぼしている。

ゴールデンウィーク期間中の大手建売分譲事業者の新規販売物件の契約率平均は、震災前の40%から19%に急落。エリア別にみた契約率は「西高東低」となり、契約率の低いエリアは、液状化予測図の液状化発生予測エリアと、ほぼ重複する形になった。住宅購買地の選定基準として通勤の利便性と共に、「地歴」を重視する傾向が生じたためとみられている。

2011年5月26日付け3面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)