工務店サポートセンター、既存住宅インスペクション資格制度立ち上げへ

一般社団法人工務店サポートセンター(青木宏之理事長)は今年度末までに、同センターとしての既存住宅インスペクション資格制度を立ち上げる。18日、ジャパンホームショーで講演した工務店サポートセンターの青木理事長が明らかにした。

同資格取得には、社団法人全国中小建築工事業団体連合会(青木宏之会長)が扱う「ちきゆう住宅」(財団法人住宅保証機構の瑕疵担保責任保険活用と、同住宅検査員資格を持つ検査員による現場検査が要件)の検査員資格保持者で、財団法人日本建築防災協会などが主催する増改築相談員講習および耐震診断・補強講習の受講が必要となる。

同センターが独自の既存住宅インスペクション制度を立ち上げる目的は、木軸住宅の構造・耐震改修に関する専門知識を備えたインスペクターを育成することで、会員工務店の本格的な既存住宅改修需要のキャッチアップ能力を高めることが狙い。

将来的には同資格取得の要件に省エネ性能向上のリフォーム技術習得を入れ、既存住宅市場における耐震・省エネ改修の住宅性能アップリフォーム需要の開拓につなげる。

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)