大手企業8社10年度上期受注、回復基調鮮明に、政策効果で歯止め | 住宅産業新聞

大手企業8社10年度上期受注、回復基調鮮明に、政策効果で歯止め

大手住宅メーカーの受注回復基調が鮮明となってきた。このほど第2四半期決算がまとまった2011年3月期企業7社に、1月期決算の積水ハウスを合わせた大手8社すべてで、受注金額が前年同期実績を上回ったことがわかった。

減税など政策支援の効果で、一昨年秋のリーマンショック以降の受注の落ち込みに、ようやく歯止めがかかった格好だ。このうち5社は、10年度の通期計画を上方修正している。その一方で、上期の好調さはありながらも市場環境への不透明さへの懸念も残っており、下期の見通しは「必ずしも楽観できるものではない」との意見が多い。

2010年11月17日付け1面から抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)