積水ハウス受注計画、当初予定から715億円下方修正 | 住宅産業新聞

積水ハウス受注計画、当初予定から715億円下方修正

積水ハウスは、2010年1月期通期(単独)の受注計画を、期初予想より715億円下回る見通しに修正した。前年同期比 27・7%減となった上期受注に基づくもので、総額で1兆円割れとなる9900億円にとどまるもようだ。分譲戸建住宅は堅調だったがマンションが大幅なマイナスとなったことによる。主力の工業化住宅請負も二ケタ減となっている。地価の底値感を踏まえ下期には回復基調に向かうとみるが、上期の大幅なマイナスが大きく、通期では前期比6・4%のダウンとなる。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)