大手住宅、2010年2月受注、まだら模様も底打ち感 | 住宅産業新聞

大手住宅、2010年2月受注、まだら模様も底打ち感

2010年2月単月の戸建住宅大手企業の受注(速報値)は、前年同月比二ケタアップが半数を占め、3月期企業の最大受注期である3月を前に、おおむね好調な展開となった。大手8社(積水ハウス、大和ハウス、積水化学、ミサワホーム、住友林業、旭化成ホームズ、パナホーム、三井ホーム)のうち、前年同月実績に対し二ケタアップとなったのは4社。前年同月実績を下回った企業も、マイナス幅の縮小が見られる。

絶対額や量でも一昨年水準に届いているところも出ているなど、まだら模様ながらも底打ち感のある状況となりつつあるようだ。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)