7月の大手住宅受注堅調さを維持、8社中6社がプラスに | 住宅産業新聞

7月の大手住宅受注堅調さを維持、8社中6社がプラスに

7月の大手住宅企業8社の受注実績(速報値)によると、6社が前年同月比プラスを計上するなど、第1四半期に続き好調な動きとなった。うち、旭化成ホームズと積水ハウス、ミサワホームの3社は二ケタ増。住友林業と三井ホームは、6月のマイナスからプラスに転じた。

ただ「7月は、受注の絶対額が比較的小さいので、単月では多少変動幅が大きくなりがち」としており、回復基調の中にも先行きの不透明感は残る。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)