MAKE HOUSE「MAKE ViZ」、3次元で住宅の内観・外観画像を提供=BIM化推進の足掛かりに

エヌ・シー・エヌ(東京都港区、田鎖郁男社長)の子会社であるMAKE HOUSE(東京都港区、今吉義隆社長)は、10月1日から同社が培ってきたBIMに関するノウハウとモデリング技術を活用した木造戸建住宅の高画質建築空間シミュレーションサービス「MAKE ViZ」の提供を開始している。

同サービスはBIMソフトと連動したレンダリングソフトによって3次元の内観・外観画像を提供するもので、年間着工棟数が100棟規模の中堅工務店・ビルダーへの提供を主として考えている。

同社では「このサービスをきっかけに木造建築物のBIM化を推進していきたい」(今吉社長)と考えている。

MAKE HOUSEは2015年の創業以来、BIMを用いて実際の建物を建築する前段階でコンピューター上に現実と同じ立体モデルを構築し、木造住宅建築業務のIT化および効率化を推進する事業を行っている。

「MAKE ViZ」を開発するきっかけとして今吉社長は、「BIMのコンサルやBIMモデル作成の依頼を受けているなかで、特にビジュアル化部門の評判が良かったことにある」と語る。同社としてはBIMによる木造住宅のデータ化が本来の業務だが、その前段階で工務店やビルダーが購入希望者に「より実物に近い画像でプレゼンができれば、工務店やビルダーの受注自体も促進され、BIM化のメリットが直接発揮されれば、BIMが普及するための足掛かりになるという発想もあった」という。

2021年11月11日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)