大和ハウス工業、URから定借付き土地622区画を取得=住宅所有者に不動産ストック事業を展開

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は7月29日、都市再生機構(UR都市機構)から全国11ヵ所・622区画の住宅用定期借地権付きの土地を約60億円で取得したと発表した。

同社は取得した土地の地代収入を得ながら、住宅所有者に対する売買仲介や買取再販、リノベーション、リフォームなどの不動産ストック事業(リブネス)を展開するという。

同社が供給した既存の郊外型戸建住宅団地再生のノウハウを生かすほか、他社住宅へのサービス提供実績を積む。

今後30年で約160億円の売上高を見込んでいる。

取得した土地は同社が21年3月、UR都市機構から落札した。取得した土地の所在は、北海道から大阪府まで点在する。

同社は18年1月に不動産ストック事業(リブネス)の拡大を目指し、全国の事業所にリブネス課を設置。既存の事業基盤を活用し、全国に営業網を敷いた。そのため、今回の土地取得に対する営業基盤の整備、事業開始に向けた大がかりな準備などの追加投資は必要ないという。

2021年08月05日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)